電話勧誘で契約を締結した際にはには正確な情報を記載した書面の交付が必要に

電話勧誘販売も特商法取引の対象となる取引方法であり、販売方法としては事業者側が個人などの電話に直接アクションをとり、口頭ので勧誘を行い商品購入やサービス契約を行う取引手段です。すべての申し込みを電話で完結させるだけではなく、ハガキなどの郵便物であとから申し込みをするのも電話勧誘に該当をします。

ただ中には特商法適用外のこともあり、国内ではなく海外在住者の契約や事業間での取引などは当てはまりません。事業者が消費者となる対象ではなくその従業員への販売ならそれも当てはまらず、地方団体や国での販売や株式会社ではない他の発行新聞販売名地も適用除外です。

電話勧誘販売に対しての規制として行政規制では、いくつかのことが定められています。何も告知せずに勧誘をする事はタブー、電話勧誘をする際には最初にいくつかのことを消費者に伝えておかねばなりません。
どこの誰だか分らぬ相手がいきなり電話をかけてきて、セールストークを始めても警戒をするだけなのが人間の心理です。

まず事業者は名称や氏名を名乗ること、また勧誘をする人物の名前も伝えます。
何を販売しようとしているのか、サービスや商品類の種類や権利等も、勧誘の電話に関しては契約を目的にしていることも明確に伝える事業者側の情報や姥久手などの明示は、セールストーク前に告げることです。

いくら電話で激しく勧誘を行ったとしても消費者側に契約締結の意思がないなら、それ以上繰り返ししつこく迫ることはできません。
迷惑がられているのに継続的に勧誘をしたり、再び何度も電話をかけての勧誘行為は一切禁止です。

契約や注文申し込みを事業者が受ける際には、消費者にはいくつかの項目を記載した書面を交付しなければなりません。
取引をする商品の役務や権利などの種類に役務の対価及び商品の正規販売価格も、対価や商品代金の支払いの仕方や時期的なこともそうです。役務の提供される期間に関してや権利の移動する時期的なこと、購入をする品物の引き渡しはいつになるのかなども記載をします。

後々トラブルになりやすい契約や注文申し込み後の消費者側からの契約の解除、及び撤回に関わる事項もですがクーリング・オフについても触れておくことです。
もしもクーリン制度の適用とならない部分があるなら、トラブルにつながらぬよう明確に示しておかねばなりません。
取引をする事業者の名称や氏名に現住所に電話番号も、契約締結担当者名に契約締結が成された年月日、商品名や型式に数量など、消費者にとって大切な情報は全てです。